短期のアルバイトを経験したときの話。利点と欠点があったが、無駄になることなく自分の人生に活かされている。

学校が忙しい人へ 短期アルバイトのすすめ
学校が忙しい人へ 短期アルバイトのすすめ

短期のアルバイトの経験談

アルバイトには短期のものと長期のものがあります。
短期のものは一日で終わるものあります。
私は一時期、短期のアルバイトの会社に登録したことがあるのでその経験談を紹介します。
この会社ではまず登録を行います。
必要なのは履歴書でした。
登録が済むと、会社から仕事の依頼が来るのを待ちます。
依頼が来たらアルバイトを引き受けるというシステムです。

私が主に引き受けた仕事は工場での製造業務、引越し補助の業務、倉庫での仕分け作業でした。
これらの仕事は単純で仕事はしやすかったです。
利点と欠点があったのでここに記します。
利点は、空いている時間に仕事が出来ることです。
これは大学生などは便利なシステムだと思います。
また、一日で終わる仕事が多いので仮に嫌な仕事であっても一日で終わることが出来るため気を楽にもつことが出来ます。
欠点としては、いつ仕事が来るか分からないことです。
この短期の仕事を専業と考えている場合は仕事がいつ来るか分からないため、不安定な状態におかれてしまいます。
また、一回きりの縁で終わってしまうことが多いので人間関係を構築しにくいことも欠点の一つとして挙げられるでしょう。

利点と欠点はありますが、これらの短期の仕事は私の人生に活かされていると自分では感じています。
初めて顔を合わせる人との仕事の行い方を学んだり、一日だけとはいえ責任をもって仕事をすることの意味を感じることが出来ました。
短期のアルバイトでも無駄になることは決してないと私は思っています。


Copyright(c) 2017 学校が忙しい人へ 短期アルバイトのすすめ All Rights Reserved.